風ひとつ

田舎に吹く心地よい風を届けたい、そう願って

結願御礼の道ー法輪寺へー

 大窪寺で無事結願が出来たあとは、10番切幡寺に戻って1番までの結願御礼の道があるのです。もう1つ、大窪寺から白鳥、引田を経て、大坂峠を越えて徳島に入って、3番2番1番と御礼の参拝と言う道もあるにはあるのです。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190417215547j:image

  しかしながら、大窪寺から大坂峠を越えて、3番金泉寺に至るまでの距離が、余りにも遠いし、もちろん峠を越える道も、辛いものがあるのでしょう。最近は殆どの歩き遍路が大窪寺から、切幡寺へと進むようです。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190417215657j:image

  もちろん私も10番へと進み、無事結願の 御礼として、切幡寺の参拝をしたのです。ですから、この10番から1番に向かって、逆打ちみたいに進み、1番で打ち終わることになります。大窪寺から、切幡寺まで、長々とブログに載せて来ましたが、マア始めて進む道だという事で、お許し頂いて、そうですね。切幡寺から1番に向かっては、一度歩いた道を逆に歩くわけで、さほどブログに載せるものが、あるとは思えません。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190417215907j:image

それでもマア、結願御礼の道を次のお寺に向かって進みましょうか。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190417220212j:image表示にある139号線を上板の方へと進みます。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190417220509j:imagef:id:kokohahurusatokazemakase:20190417220537j:imagef:id:kokohahurusatokazemakase:20190417220605j:imagef:id:kokohahurusatokazemakase:20190417220707j:image5年前に法輪寺から切幡寺へと歩いた道を逆に歩くだけだと、タカを括っていましたが、お遍路マークが現れないのです。逆打ち用の矢印はないという事でしょうか?
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190417220659j:image
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190417220702j:imageこの秋月城址辺りまでは、自信を持って歩いていましたが、139号線はドンドン北上しています。チョッと変ですね。北上じゃなくて、もっと平地の田畑の中に法輪寺はある筈ですよねー。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190417221700j:image小豆洗大師の方に進まないと行けないのに、139号線を北上していたのですネ。

仕方なく、236号線で右折して南へと歩いたのです。あゝ偉大なる廻り道。熊谷寺からの道を歩いて、遥か南の田畑の中に法輪寺を見たのでした。5年の歳月が流れているので、境内の様子もスッカリ忘れていましたが、東の門から入って左手に、綺麗なお遍路休憩所があるんですよね。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190417222812j:imagef:id:kokohahurusatokazemakase:20190417222841j:imageあゝそうそう、こうだったよなあって思い出しつつ、結願の御礼を申し上げたのでありました。ではこの辺で、次回熊谷寺への心だ〜ですネ。

結願御礼の道ー切幡寺へーその5

後3キロ余りで切幡寺だと表示が出て来たところで、再び2号線から離れます。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190415155708j:image奈良坂を市場中学校の方へと上がって行くのです。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190415155937j:image坂道に差し掛かった所で、前の方にお遍路2人ずれの姿がありました。
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190415155953j:image私の歩みと変わらないほどのスピードで、ユックリゆっくり歩いているようですネ
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190415155948j:image間違いなく奈良坂を上がっています。バス停ですが、ココにも貼り紙があって、バスは通らないって事ですね。マア、バス停でそのあたりの地名がわかりますよね。
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190415155943j:imageそんなに急な坂では有りませんが、それでもやっぱり苦しくなって来ました。どうやら坂も終わる頃かと思ったら右手の畑の中に学校らしき建物が現れました。多分アレが市場中学校でしょうネ。
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190415155957j:image枝垂れサクラが咲いています
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190415160904j:imageココは何なのでしょうか。給食センターとあります。阿波市の学校給食を作っている所でしょうか?それにしても、立派な大きな建物ですよね。
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190415160938j:image立派な筈です。阿波市の市役所だったのです。
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190415160933j:image市役所前の新しい道を歩いて北東方向に進みます。切幡寺の塔が見えて来ました。
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190415160922j:imageやっと切幡寺の表示も現れました。この広い道から、山の方に入って行くのです。

 5年前に、この切幡寺を打った時には、次の11番藤井寺を目指して川島方向に進んでいるので、切幡寺の西にある立派な阿波市の市役所は初めて見たのです。あゝそれよりも早くお寺に着かないといけません。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190415162300j:image
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190415162312j:image
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190415162306j:image
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190415162321j:image5年前に苦しんだ石段の始まりですね。しかしながら、あちこちの遍路ころがしを経験した後に来てみれば、さほど苦しむ事なく本堂まで上がって行くのでした。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190415162633j:image
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190415162639j:image切幡寺参拝が終わって、一応歩き遍路の道は輪のように繋がりました。あとはおまけみたいなものですが、楽しんで、9番から1番までの道を歩いて行きます。ではでは、次回10番から9番8番の心だ〜ですネ

結願御礼の道ー切幡寺へーその4

2号線を下って来て、中筋と言うバス停近くに犬墓大師や地蔵堂があるのでチョッと寄り道。デモマア、その道へ進んだお陰で、2号線から離れて遍路道を進む事になりました。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190414165443j:imageでもって地図にも書かれている、通学橋を渡ります。犬墓大師辺りの人がココを通って学校に行くのでしょうか。とすればいずれ学校が出て来るでしょう。橋を渡りきったらこんな道で、チョッと迷いましたがお遍路マークは上の道ですね。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190414170951j:image
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190414170955j:image日開谷小学校です。
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190414170943j:imageデモ、チョッと様子が変ですネ。門の前を掃除していたおばさんが、ご苦労様と挨拶してくれます。学校ですかと言えば、そうだったけれど、今は福祉施設だとの事です。
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190414170938j:imageそして、チョッと待ってと言うので、ココも廃校になったのかと眺めつつ待っていました。そうしたら、このお茶を持って来て、どうぞお接待です。との事でした。
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190414170947j:image淋しき廃校の村だけれど、人情は温かく、家々の庭には綺麗な花が咲いています。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190414171934j:image
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190414171930j:image
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190414171926j:image稲荷橋を渡り上喜来小積あたりでしょうネ。右手山側に2号線があって、車が走っているのが見えます。
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190414171944j:imageそしてこの高架道路は徳島道です。切幡寺も、この高架道路の下にありますが、まだまだ東に進まねばなりません。
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190414171939j:image徳島道の下を南に進みます。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190414173022j:image
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190414173018j:image
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190414173014j:image
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190414173027j:image広い道に突き当たりました地図の奈良坂西近くのガソリンスタンドですね。その前を左に進み、橋を渡ったら、また左に進みます。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190414173736j:image
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190414173731j:image
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190414173727j:image

サア、あと3キロほどになりました。元気出して歩きます。明日の心で〜す。

結願御礼の道ー切幡寺へーその3

377号線から谷沿いの道を通って、2号線に突き当たる辺りが大影神社でした。2号線になって、大影橋や相栗の休憩所を眺めつつ、坂道を下りて行きます。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190413132903j:image
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190413132858j:image
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190413132909j:imageそして大月橋や岩野トンネルですね。

でもって、この辺りの地図を見て思うのですが、犬墓って何でしょうか、地名の頭に付いてるんですよね。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190413133204j:image小字大月や白水であって、大字は犬墓とでも言う場所なのでしょうか?よくわからないまま、トンネルを抜けて南側に出ました。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190413133741j:image大きな工場の跡地でしょうね、荒れ果てて、淋しいものです。
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190413133732j:imageコレは小月橋でした。あらあらココは、シッカリ活動している、セメント工場みたいですね。
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190413133758j:image大きなダンプカーが往き来しています。大畑、白水と降りてきました。
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190413133728j:image
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190413133747j:image相棒さんの友人が、母親の面倒を見るために帰って来た。イヤ私よりも先に帰っていたので、2度ほどお邪魔しましたっけ、川又方面への道が出て来ました。
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190413133804j:image2号線から見える人家が増えて来ました。谷が拓けて来た感じですね。
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190413133810j:imageさてさて、ココのバス停近くに、こんな説明板です。地図で見ると遍路道からチョッと離れていますが、マアお近くの事なので、チョッと寄り道です。
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190413133751j:imageはいはい、コレが、犬墓大師、大師堂と地蔵堂です。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190413135356j:image
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190413135419j:image
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190413135412j:image
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190413135406j:image寄り道は寄り道ですがね。ここに来て良かったのです。近くに遍路道、コッチへ進めとのマークです。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190413140131j:image
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190413140135j:image後で地図を見ると、ここから2号線から離れて、遍路道を進むようになっていました。寄り道が正解を教えてくれました。少し下って橋を渡り2号線の走る山ではなくて、もう一つ東の山裾を歩くようですが、この話は、明日の心で〜す。

結願御礼の道を行く(切幡寺へ)その2

  377号線は香川県東かがわ市徳島県阿波市の県境沿いを走っていて、歩いている車道は香川県でも、右手の谷を越えた山は徳島県って事ですね。旧の町名で言えば、白鳥町と市場町の境目って事ですよね。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190411143809j:imageとにかく、この377が県道2号線に合流する訳で、その地点はまだか、まだかと思いつつ歩きます。
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190411144520j:image

やっと、その地点らしきところに来ました。でも2号線ではなくて、ここから市場町方向に進めって事ですよね。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190411150433j:image地図では、長野いこいの家あたりかもしれません。ならばこっちが近いし、遍路道ですよね。確かにお遍路マークがありました。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190411145228j:imagef:id:kokohahurusatokazemakase:20190411145411j:image
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190411145407j:image谷川に沿った旧道の風情です。あら、こんなものがあって、まだここは旧の白鳥町なんですね。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190411145754j:imageお遍路マークに切幡寺とあります。徳島の旧市場町に近いって事でしょうね。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190411150114j:image
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190411150118j:imageついに出ました、現れました。県境ですね。ココからは徳島です。遂に四国を一周して、徳島に足を踏み入れた、帰って来たという事になりますね。デモ左上にあるこの立派なお家は、香川でしょうか徳島でしょうか?さっきの表示では徳島見たいですが、さて、どうなのでしょう。
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190411150100j:image
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190411150104j:imageそんな人家を離れて、谷川沿いを歩いています。
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190411150054j:image

左手山側に神社です。大影神社ですね。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190411151816j:image
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190411151812j:imageもう完全に市場町に入ってますね。2号線に合流するのも近いって事でしょうね。2号線です。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190411152150j:image大影橋の日開谷川の表示です。この道は吉野川を超えて、川島に至るって事ですね。
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190411152146j:imageデモこの大きな道沿いの家が、無人になっている感じがするのです。ココも過疎の村って事なんですねえ。バス停あっても、もうバス路線は廃止されたって張り紙ですから、寂しき限りです。
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190411152155j:imageこの橋はまだ新しい感じですがねえ。自動車道は整備されても、山峡の村には住めないって事ですね。
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190411152142j:imageいろいろ思いつつ、2号線を南へ南へと歩きます。次の目当ては、大月橋ですね。では今日はこの辺で明日の心で〜す。

結願お礼の道を行く(大窪寺から切幡寺への道)その1

前山ダムから、女体山越えで大窪寺を打ち終えて、さて、そのあとは、結願御礼の参拝をする10番から1番までの道なのであります。

 今日から改めて、その話に進みます。ええ、スタートは、前回引き揚げた、大窪寺門前の店ですね。民宿八十窪のチョッと手前です。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190410082805j:image
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190410082643j:image大窪寺と八十窪さんの間の道を下ります。広い道路に突き当たります。右が長尾、左が白鳥方向ですね。377が県道2号線に突き当たるのは白鳥方向ですよね。そちらに歩きます。
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190410083238j:imagef:id:kokohahurusatokazemakase:20190410083645j:image空は青く少々冷んやりするものの歩くには丁度いい気温かも知れません。下り道です。車道です。五名大橋を渡りはらいかわトンネルです。道路標識に377と出ています。
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190410083306j:image
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190410083254j:imageつま先が痛いくらいの下り坂、歩調を緩めようとしてもドンドン降って行きます。あら、コレは何ですか、f:id:kokohahurusatokazemakase:20190410084721j:imageのごうさんの大銀杏ですか。今は桜で銀杏じゃ無いですよね。寄り道はしません。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190410084715j:imageオット、こっちの方も何でしょう。バス停みたいでもあるし、道路標識にも見えますが、よく分かりません。大窪寺とありましたね。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190410093641j:image道は高い所を通っていて、谷が深い感じです。

   そんな道も、工事中の場所に来ました。切り通しを抜いて、新しい道を作っているようです。もちろんそこは見ただけ、今までの道をすすみます。作っている道は直線だけど従来の道が曲がって迂回しなくてはなりません。でもね、その迂回路にコレがあったのです。丁石でしょうか?すぐ横の地蔵堂ですね。
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190410084737j:image
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190410084743j:image
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190410084710j:imageあの、切り通しに新道が出来ると、ココも忘れ去られるのかもしれません。要らぬ心配でしょうか。

心配と言えば、この神社⛩です。鳥居はもう壊れそうですね。過疎化で、神社も滅んでしまうのでしょうか。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190410094356j:imageそんな心配をしつつ、車道を下っていけば、点々とある人家の庭に綺麗な花。やっぱり春なんだよなあ〜って思わせてくれます。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190410094624j:image
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190410094634j:image やがて、377から市場の矢印です。日開谷に進む2号線でしょうか?明日の心で〜す。

結願の寺、大窪寺への道、その8

女体山越えで、奥の院を廻って、大窪寺の裏山から境内に下りて来ました。山門から入り直しましょうかと、1度外に出て。門の前でいくつかの記念写真を撮ったのです。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190407175448j:imageハイハイ、それがコレでして、たどり着いた最後の札所前ですね。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190407175816j:imageでは境内に入ります。ココが大師堂ですね。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190407181329j:imageそして少し離れて本堂や納経所です。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190407181904j:imagef:id:kokohahurusatokazemakase:20190407182044j:imageココで結願の証も頂きました。ココが88カ所の最後のお寺だと言う思いはありましたが、結願の感慨と言うほどのものではありませんでした。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190407183216j:image

   まだまだ、次の切幡寺へ歩くことになるのだと思いもあるし、1番までの、お礼の参拝が、残っているので、心はそっちへ向かっているのかも知れません。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190407183259j:image

ココ大窪寺には、こんな所もあって、ここまで来たら、もう歩かないので杖を奉納するって事ですよね。デモ私は、まだまだ杖を奉納する訳には行きません。10センチも短くなった杖に、もう少し頑張ってくれと声なき声をかけるのでした。
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190407183359j:imageという事で、無事結願寺の参拝を終えました。次回、10番切幡寺に向けて進む日のために、門前の様子も見ておきましょうかと違った門から出て行けば、石段左側のお店の人に挨拶されて

飴湯の接待を受けました。甘くて温かい飲み物ですよね。f:id:kokohahurusatokazemakase:20190407190204j:imagef:id:kokohahurusatokazemakase:20190407190349j:image
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190407190359j:image
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190407190353j:image
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190407190339j:image
f:id:kokohahurusatokazemakase:20190407190345j:image春まだ浅い感じの天気模様でしたが、最後のお寺のお接待に心も温かく、春になったとシミジミ思うのでありました。一応コレで完とさせて頂きます。ありがとうございました。